悲しい

クレヨンしんちゃんという作品はこの先未来もずっと続いていって
変わらず私たちを楽しませてくれるのだろうと
そうどこか心の中で思っていた自分のおバカさに気付く

«  | HOME |  »

管理者用 |  RSS |  全記事リストを表示 |